Title
ホーム 協会概要 会員紹介 会員限定 リンク集 協会便り Bar
会長あいさつ 事業活動 沿革 組織 ディスクロージャー 入会のご案内 所在地

事業活動
プラスチック成形技能検定(国家資格)
◆平成28年度 技能検定実施計画が告示されました。
 印刷はこちらから
○技能検定とは〜あなたの技能や知識を国が公証する国家検定制度です。
技能検定は、厚生労働省が職業能力開発促進法により実施している国家検定であり、この検定は、職種ごとに特級、1級、2級、3級および単一等級に区分し、『技能者が持っている技能の程度を一定の基準によって検定し、それぞれ「学科試験」と「実技試験」とによって行われます。これを国が公証することにより、その技能が一層みがかれて社会的・経済的地位の向上を図ることを目的とした制度』です。合格した技能士は生産部門のリーダーとして活躍し、確かな技能士の証しとして各職場において高く評価されております。
技能検定に合格した者には、特級、1級、単一等級は 厚生労働大臣名 、2級、3級は 都道府県知事名 の合格証書と技能士章が交付され、職業能力開発促進法に基づいて「 技能士 」と称することができます。
プラスチック成形の技能検定は、昭和43年度より始まり、射出成形、圧縮成形、インフレーション成形及びブロー成形の四作業があります。

○技能検定の実施機関
技能検定は、国(厚生労働省)が定めた実施計画に基づいて、試験問題等の作成については中央職業能力開発協会が、試験の実施については各都道府県がそれぞれ行うこととされています。
また,各都道府県の業務のうち、受検申請書の交付、試験実施等の業務は各都道府県職業能力開発協会が行っています。

○技能検定の等級区分
 

技能検定には、現在、特級、1級、2級、3級に区分するもの、単一等級として等級を区分しないものがあります。

 
特      級   管理者又は監督者が通常有すべき技能の程度
1級及び単一等級   上級技能者が通常有すべき技能の程度
2      級   中級技能者が通常有すべき技能の程度
3      級   初級技能者が通常有すべき技能の程度
  (※これらの区分以外に外国人研修生等を対象とした基礎1級及び基礎2級等があります)

○実技試験概要
<前期技能検定>
  射出成形作業
 
・1級   指定された熱可塑性樹脂から2種類(合計重量11kg)を選択し、射出成形により箱型の成形品、1種類40個、2種類の合計80個を製作し、「成形収縮率計算書」および「材料歩留り率計算書」を作成する。
試験時間  標準時間 3時間10分 ・ 打切り時間 3時間40分
・2級   指定された熱可塑性樹脂から2種類(合計重量9kg)を選択し、射出成形により箱型の成形品、1種類20個、2種類の合計40個を製作し、「成形品の寸法測定表」に測定値を記入する。
試験時間  標準時間 2時間30分 ・ 打切り時間 3時間00分
  ※上記の外、圧縮成形作業試験が3年に1度実施されます。
  <後期技能検定>
  特級プラスチック成形
 
  工程管理、作業管理、品質管理、原価管理、安全衛生管理、作業指示及び設備管理について計画立案等作業試験を行う。
試験時間  3時間00分
  ブロー成形作業
 
・1級   指定された熱可塑性樹脂から2種類会計重量12kgを選択し、ブロー成形によりボトルを1種類50個、2種類の合計100個を製作し、「成形の内容量と成形収縮率計算書」および「材料歩留り率計算書」を作成する。
試験時間  標準時間 3時間30分 ・ 打切り時間 4時間00分
・2級   指定された熱可塑性樹脂から2種類会計重量10kgを選択し、ブロー成形によりボトルを1種類20個、2種類の合計40個を製作する。
試験時間  標準時間 2時間30分・打切り時間 3時間00分
  3級射出成形作業
 
与えられた金型を成形機に取付け、型締め調整(型締力の設定、型閉じ型開き速度の調整、突出し速度、突出しストロークの調整、金型保護装置のセット)を行い、次に指定された成形条件を設定し、金型温調回路のセットをして、与えられたポリスチレン成形品1個の不良現象の判別と寸法測定作業を行い、最後に成形機から金型を取外す。
試験時間  標準時間 45分 ・ 打切り時間 1時間00分

受験資格
 
区     分 3 級 2 級 1 級
3級技能検定の受検に必要な実務経験の年数 2級技能検定の受検に必要な実務経験の年数 3級の技能検定に合格した後の実務経験年数 1級技能検定の受検に必要な実務経験の年数 3級の技能検定に合格した後の実務経験年数 2級の技能検定に合格した後の実務経験年数
(1)  検定職種と同一の職業訓練を受けた者
職業訓練指導員免許
長期課程の指導員訓練修了
応用課程の高度職業訓練修了
専門課程の高度職業訓練修了
普通課程の普通職業訓練修了
2800時間未満
2800時間以上
短期課程の普通職業訓練修了
上記に掲げる訓練の訓練生
(2)  受検する職種に相当する学科を専攻した者
大学卒業
短大卒業・高等専門学校卒業
高校卒業
専修学校又は各種学校卒業
(厚生労働大臣指定のものに限る)
800時間以上 
1600時間以上
3200時間以上
上記に掲げる訓練の訓練生
(3)  実務経験のみ
(上記(1)(2)以外の者) 0(注)
                               (注)3級受験資格:検定職種に関して実務経験を有するもの


平成28年度 技能検定実施計画が告示されました
 
  平成28年度の前期、後期の技能検定実施日程計画が平成28年3月3日告示されました。
この技能検定制度は、職業能力開発促進法の規定に基づいて、生涯を通しそれぞれの段階で、技能者が持っている技能の程度を、一定の基準によって検定することにより、技能者の技能の習得意欲を高揚させ、技能の向上を図ることと、技能者の企業内ならびに社会的、経済的な地位の向上を図ることを目的とした国家検定制度であります。
 「プラスチック成形職種」の実施日程は下記の通りです。受検を予定されている方は、級と作業をご確認のうえ、受検申請期間をお間違いないよう期間内に申請手続きを行って下さい。

◎前期技能検定実施日程
 
実施作業   1・2級 「プラスチック成形」(射出成形作業)
実施公示   平成28年3月3日(木)
受検申請   平成28年4月4日(月)〜4月15日(金)まで
実技試験   問題公表 平成28年5月26日(木)
    試験実施 平成28年6月2日(水)〜9月7日(水)まで
学科試験   平成28年8月21日(日)
合格発表   平成28年9月30日(金)

◎後期技能検定実施日程
 
実施作業   特  級 「プラスチック成形」
1・2 級 「プラスチック成形」(ブロー成形作業)
1・2 級 「プラスチック成形」(射出成形作業・但し実技のみ)
3   級 「プラスチック成形」(射出成形作業)
実施公示   平成28年9月3日(木)
受検申請   平成28年10月3日(月)〜10月14日(金)まで
実技試験   問  題  公  表 平成28年11月24日(金)
    試  験  実  施 平成28年12月1日(木)〜平成29年2月12日(日)まで
学科試験   (特         級) 平成29年1月29日(日)
    (1、2級ブロー 3 級 射出) 平成29年2月5日(日)
合格発表   平成29年3月10日(金)

Back bar Top